あなろぐばあちゃんのつぶやき

Yahooブログ育ち、永遠の小学5年生も4人の孫のおばあちゃんになりました。

台湾産パイナップルを美味しくいただきました♪

台湾のパイナップル、アマゾンでお取り寄せが出来るようですが、近所の八百屋さんで買う事が出来ましたので、早速2本購入しました。(1本は息子宅へ♪)

いつも食べるフィリピン産より、熟してから出荷されるせいか、芯まで甘く柔らかいし、酸味は控えめ、とても食べやすく美味しかったです。

1本500円超えなので、いつも買うパイナップルより少しお高いものの、とにかくデカいので、手間や廃棄部分の量を考慮すると却ってお得感がありました。

 

結局、日本等の買い支えもあり、いつもの中国への出荷量を超えた受注があったそうで、嬉しい限りです♪

これを機に台湾産パイナップルの美味しさが広まり、買い支えた国々では、今後も需要が増えるのではないでしょうか。

 

それにしてもお気の毒なのは、美味しい物が食べられなくなるシナの方々のように思いますよ。

パイナップルケーキまで禁輸となれば、民の不満は更に高まる筈です。

言いたい事を言えない国の人々の不満のゆくえが気になります。。。

 

 

 

※定番の酢豚、ハムステーキも良いですが、櫛型にカットし豚バラ肉で巻いてソテー、甘辛ダレをからめると簡単で美味しい一品が出来ます。

どうぞお試しあれ♪

 

 

 

 

 

特別な日に想ったこと

昨日は特別な日で、それも10年の節目の日でした。

今も辛い思いのただ中にあって、遠い日には到底できない方々が沢山いらっしゃる現実を、TVの特番は直視させてくれました。

私の今の穏やかな日々は、大きな問題を抱えているとしても、ありがたく、宝物のような日々なのだと思い知らされます。

のうのうと日々を生きることに幾分の後ろめたさを感じつつ、一方では、やはり、だからこそ、明るく幸せに生きなくてはと思います。

そして何よりも、明日があるとは限らないから、ありきたりですが、今を大切に生きなくてはと、そう思います。

 

とはいえ、抱えている問題は、私自身の力でどうこうなるもんじゃなし、じたばたしても始まりません。

TVドラマのようにはうまくいかないのが、現実の世。

ただ、大きな問題というつまらないことに、自分が囚われなければ、それで済むことです♪

人生は主人公も作者も自分自身、筋書はともかく、ハッピーエンドの行方は心持次第ですしね♪

 

まずは今を、心穏やかに、明るく過ごす。

季節の恵みをありがたくいただき、健やかな体を養う。

これに尽きるように思います。

 

 

 

 

思うところあって、ブロガーとして初心に帰るために、こちらで書いたものを一旦封印しました。

 

 

 

 

公益通報者として幸せに生きている

ネットを徘徊していたらムカついてきたので、ひと言書いておきます!

公益通報の後、通報者はみんな悲惨な職業生活を送り、不幸な人生を送られているかのような記事が散見されることを、私はとても残念に思います。

確かに、私自身も、通報後の約10年は、辛いできごとが沢山ありました。

特別な処遇となり、少し特別な仕事と取り組むこととなったり、壊れた人間関係もありました。
でも、代わりにこれらのマイナスを補って余りある、貴重な経験を沢山重ねることが出来ました。
通報後、役員や関係者、学外の識者の皆さまが、様々な問題の解決に一緒に取り組んでくださったり、本当に人生の宝物のような経験を沢山重ねることが出来、本当にありがたかったです。
通報がなければ、きっとお目にかかることのなかった素晴らしい方々と巡り会えたことも、私の人生の宝物です。

そもそも、真っ当な公益通報で壊れる人間関係など、もともと不要と、私は思っています。
また、職場での処遇や評価、地位で幸不幸が決まる訳ではありません。

私は今、定年後の再雇用の希望が叶わず、地位確認等請求の裁判を起こしています。
しかし、傍目はともかく、今の私は少しも悲惨ではありませんし、穏やかで幸せな日々を過ごしています。
多くの心ある方々に支えられて、職業人としての矜恃を守り、定年を迎える事が出来たこと、裁判による職務復帰の取り組みにも、多くのご支援を頂いてることに感謝しています。

もしもあの時、通報を諦めていたら、きっと一生の後悔となっていたでしょうし、我が子に、そして将来は孫に、職業人としての思いを語る事など出来ず、ずっと卑屈な思いを抱き続けたことと思います。

批難覚悟で敢えて言わせていただきます!
干されること、理不尽な評価をされること、今の公益通報者保護法という悪法の下では防ぎ用のない、当然のことではないですか。
公益通報は大変なことですから、関係法令は熟読せねばなりません。
そもそも、通報案件の発生するような組織は、何処かイカレテいるのですから、努力義務など、期待する方が間違いでしょう。
”後悔”や愚痴を口にするのは、自身の認識と覚悟が足りなかったからです。

悲惨なケースがニュースや記事になると、それが常と思いがちですが、沢山の通報者は案外人知れず、平穏で幸せな人生を送っているように私は思います♪
少なくとも、私は例え何があっても、笑顔で幸せな人生を生きて行きます。
真っ当な公益通報は絶対に、通報者を不幸にはしない、私はそう信じています。

























穏やかな日々

イメージ 1


今朝の果物

五ヶ瀬の獲れたてブルーベリー

お裾分けサクランボ

お嫁さんの実家の庭になったスモモ

息子の家の庭になった桃


ちなみに、全て木なり完熟。

桃は完全無農薬。
虫がいるのが美味しさの目安とか
んで、息子は皮ごと、小さなピンク色の虫ごと丸かじりだそう



3月末に無事?!定年を迎えました。
今は、贅沢な“長い休暇“を楽しんでいます。

いよいよ裁判が始まりました。

ここまでに既に10年、もう急ぐ必要もありません。

のんびりゆるゆる、明るい日々を過ごしています

おかげさまで

梅雨の晴れ間、夫と近場のドライブを楽しみました♪

蓮の花をながめた帰りに、懐かしい友人のカフェで、美味しい最中アイスと珈琲、お喋りを楽しみました♪

おかげさまで、元気に過ごしております。

皆さまも、くれぐれもご自愛のうえ、どうぞお健やかにお過ごしくださいませ♪


イメージ 1

第8回冬季アジア大会組織委員会の愚行

昨夜のNHKニュースで、第8回冬季アジア大会(札幌アジア大会)、組織委員会が、アパホテルに”配慮”を要請していることを知りました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170119/k10010845791000.html

”配慮”とは、具体的には”書籍の撤去等”だそうですが、詳細は不明です。
ただ、いずれにせよ、私は、「”書籍”は撤去しない。」アパホテルの冷静かつ正常な判断を、全面的に支持します。
 
組織委員会は、「スポーツ理念にのっとった対応」を求めているとのことですが、何故、言論の自由が許された国で、スポーツ理念にのっとったら、”書籍”を撤去しなければいけないのか、私には全く理解出来ません。
 
色々な意見、色々な主張がある国、それが日本です。
日本には、言論の自由があります。
 
それがどこでどうなると、スポーツ理念に反することになるのでしょうか?
もし本当に、それがスポーツ理念に反するとすれば、それこそが問題なのではないでしょうか。
 
(言論が弾圧されたかの国の)人が旅をして、色々な事を見聞し、多様な意見に触れて視野を広げる、これは旅の醍醐味のひとつです♪
国際試合の遠征では、これがスポーツ理念に反するとして許されないのであれば、選手が可哀想ではありませんか。
 
確かに、ネット等の炎上をぶりを考えると、委員会がビビるのは無理からぬ事とは思います。
ただ、調べて見ますと、アパホテルは以前から”書籍”を置いておられます。
それを知らずに宿泊施設に選定したのは組織委員会です。
自己の責任を棚に上げたまま、スポーツ理念をねじ曲げてまで、言論弾圧をする、オカシイです。

また炎上は
そもそも、批難する人達の無知に起因したものです。
実際に日本を訪れて、情報を得て頂くことは、冷静に事実と向き合っていただくための良い機会と私は考えます。

 

いずれにせよ、組織委員会は、頭を冷やすべきではないでしょうか。
 
組織委員会がもし、それでも、言論弾圧を行いたいのであれば、関係者に不手際を詫びたうえで、代替の宿泊施設を確保すべきでしょう。
それが無理なら、部屋を借り上げた委員会の自己責任で、”書籍”をかの国の選手の目に触れぬよう、管理なさると良いのではないでしょうか。
厳重梱包してクローゼットの隅に置き、選手退室後に現況復帰する等、姑息な方法はいくらでもあり、組織委員会なりの”配慮”はいくらでも出来る筈です。

しかし、その”配慮”という愚劣な行為を、日本人としての矜持を持つ施設側に強いるというのは、あまりにも無礼な話しです!!

組織委員会に今さら矜持は期待しませんが、せめて常識はわきまえていただきたいものです。

組織委員会、しっかりしなさいっ!!
 
 
 

元谷さん、頑張って♪

産経ニュースを読んで、”アパホテル、やるじゃんっ♪”と思いました。

http://www.sankei.com/politics/news/170118/plt1701180004-n1.html
http://www.sankei.com/politics/news/170118/plt1701180005-n1.html

ここでは、”軟禁代逆札”について意見を申し述べるつもりはありません。

しかし、天晴れ!と申しあげます♪



丁度、かの国からの旅行者のマナーの悪さに辟易していたところです。

これで、快適に泊まれる宿が確実に増えた訳で、とても嬉しいです♪



特に贔屓のホテルはありませんでしたが、これからは、アパホテルが私の第一選択肢です♪

アパホテルを、私は応援します♪